福岡の安全安心のための交流広場「あんあんネット」

地域防犯活動団体紹介

特定非営利活動法人新宮みどりの会(旧新宮の安全を確保する会)

 

活動をはじめた契機

 数年前、町内において、中学生および卒業生による問題行動が散見されるようになったことから、保護者の有志で「新宮中の安全を確保する会」を結成し、パトロール活動を開始しました。最近では、中学校側の効果的な取り組みが功を奏し、問題行動を起こすような生徒はいなくなりましたが、遊戯施設等での声かけ活動を通じ、周辺地域からの来場者が多数を占めていたことがわかわかりました。このような状況から今後のことが懸念されるため、「新宮の安全を確保する会」と改称し町内全般の防犯に貢献すべく活動を継続し、現在に至っています。

主な活動内容

 土曜日の夜間を中心に青色回転灯を装着した自家用車で、町内の遊戯施設(現在では最盛期の三分の一に減ってしまいましたが)、コンビニ、公園、海岸などを巡回しています。
 本会独自のパトロールのほか、青少年指導員のパトロールや、町主催の合同パトロール等にも参加しています。
 その他にも、新宮町総務課、町内の防犯パトロール隊、PTA連合会、糟屋警察署の安全安心町づくり推進室で組織する「新宮町防犯団体等連絡協議会」に参加し、意見交換等を行っています。

活動を通じて感じること

  • 地区防犯情報
  • 地域防犯活動団体登録制度